地球未来村 Global Futures Village の創造

Globall Village Logo


 持続可能な地球未来村および未来博物館の建設には、私たちの知恵を総動員する必要があります。
コンピュータで出来るモデルはSDシミュレーションにまかせ、コンピュータで出来ないモデルは頭脳を用いてシナリオ分析するのです。地球未来村はこうした 2つの未来志向(思考)が融合して実現可能となります。

こうした観点に立脚して、公立はこだて未来大学で、2005年12月1日(木)に理事長山口薫が講演した内容のスライドをご紹介します。なおこの講演は 2006年お正月に地元函館市のCAVTにて放映されました。
<スライドのクリック>(容量が約58MBあり ダウンロードに少々時間がかかります)


   地球環境にやさしいむらトピアソーラーエコホームづくり(1995年現在のアップロード)を紹介します。太陽光 (熱と電気の両方) を利用したログ・ホームでのカントリーリビングの模様は、1998年1月 17日に フランスの Canal+テレビ局からパリ・ロンドン・ロスアンゼルス・フィージー・大阪を結んだ生放送にて全ヨーロッパに紹介されました。また、環境にやさしいカントリーリビングの実践は、「デザインで選ぶ輸入住宅 Vol. 4、2003年」でも紹介されました(P1P2P3P4)。


ご案内

持続可能な地球未来村を創造するにはどうすれ ばいいのかを考えます。

地球未来村ニュース